ひるぜん日記

  1. 【ひるぜん日記】7月上旬

    7月に入っても空梅雨、一雨欲しいと思っていたところ降りました。それも4日間も続く豪雨、幸い蒜山は道路の交通止めが何ヶ所かありましたが、特段の被害も無く無事でした。

  2. 【ひるぜん日記】6月下旬

    梅雨もそろそろ終わりに近づいていますが、蒜山盆地ではあまり雨が降りません。梅雨前線が日本海まで北上しているのでもっと降ってもいいはずなんですがね。

  3. 【ひるぜん日記】6月中旬

    6月中旬に入り、蒜山の木々は一段と濃さを増してきましたがコブシに始まった山々の花は次々とまだ咲き続けています。気の早いニワトコはもう赤い実を着けていますがクリ、シナノ木はこれから、ヌルデ、タラなどもまだまだです。

  4. 【ひるぜん日記】6月上旬

    6月に入っての蒜山は前半3日ほど最高気温27度前後の日がありましたが全体に低め。最低気温は10度~15度位、もう遅霜の心配はありませんが最低気温が低いと水田の水の管理が難しくなります。

  5. 【ひるぜん日記】5月下旬

    5月下旬に入っての蒜山は割と涼しく天候も安定していて農作業も順調、田植えも終わり早苗と蒜山三座の投影が見事、早朝の茅部野入力カメラマンが集いツバメが数羽水面をかすめるように餌の虫を求めて飛び交雨写真を狙っています。勿論大山もバッチリ、秋にはそばの花と三座が楽しませてくれます。

  6. 【ひるぜん日記】5月中旬

    連休明けの蒜山は、25度を超える夏日が7日、最低気温10度以下の日が6日と寒暖の差の激しい日が続き動物も植物も戸惑っています。それでも野鳥たちの子育てが進みカッコウの声も聞こえホトトギスも鳴き始めタニウツギが咲き田植えも始まり春から初夏へと確実に進んでいます。

  7. 【ひるぜん日記】5月上旬

    5月に入っての初日に真夏日寸前の最高気温29.3度を記録、4日5日と弱い霜が降りる+4.0度、3.5度を記録、この時期の蒜山は遅霜により野菜やワラビなどの山菜に大きな被害が出る事があります。

ページ上部へ戻る