ブログ

【イベント】蒜山雪恋祭りにスノーシュー体験で参加しました

2月6日(土)・7日(日)と蒜山雪恋祭りが白樺の丘で開催されました。秋田県横手市と真庭市蒜山との交流で生まれたイベントで、今年で4回目。このイベントの中の一つの催しとして蒜山ガイドクラブはスノーシュー体験を開催しました。6日には160人、7日には228人で合計388人と多くの方が体験されました。4歳ぐらいの子どもさんから高齢の方まで大勢の参加でうれしい大忙しでした。特に7日は新雪が積もり、広々とした景色の所では歓声が上がり自由に足跡をつけたり、雪にダイブしたり写真など楽しみました。話をしてみると「楽しかったので昨年に続いて体験参加している」という家族も何組かありました。雪の楽しみの一つが伝わっているようで疲れも吹っ飛びました。

雪恋まつり1日目
蒜山高原で飼育している鶴4羽のうちの
3羽、1羽をケージに入れて置き外の
3羽が仲間の所へ戻るようにするのが逃げ
出さない秘訣。4羽のうちの2羽は去年
生まれました。
2度目の放鳥では高く舞いました。
ミニかまくや1000基
ポリバケツに雪をつめ踏み固めた後
真ん中を10φ×15cm位に掘って雪面へ、
後で入り口をくりぬきます。
10時30分より1時間ごとに15時まで
6回、スノーシューの着脱でスタッフ8名
でも大忙し!1回に40名を超えストック
が足りなくなるほど、去年も楽しかったので
今年もと言うリピータもおられました。
  
雪恋まつり2日目
会場準備中、前夜からの雪が20cm以上
積もったので整地をしています。

ページ上部へ戻る